Woodstock

ウッドストック・フェスティバルは、1969年8月15日~17日までの3日間、アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン群のマックス・ヤスガー氏の農場を使用して行われたアメリカ音楽史に残る歴史的な音楽イベントです。
当初は、ウッドストックにレコーディングスタジオを作るための資金集めで企画され、20万近いチケットを販売したのですが、その倍以上の観客が集まり事実上無料コンサートとなりました。

このイベントがただのフリーコンサートでなかったのは、ベトナム戦争で混沌としているアメリカで起こったヒッピームーブメントからサイケデリックミュージックが生まれ、その文化の集大成の様相を呈した為であります。
また、愛と平和と音楽の祭典と言われるだけあって、当時はドラッグをやる人間が多かったのですが、特に大きないざこざもなく、そこで何人かの新しい命も産まれ、同時期に起こったオルタモントの悲劇(観客が警備の暴走族ヘルス・エンジェルスに殺害されたり4人の死者が出た)に比べ極めて平和的なイベントでありました。

この時代は、音楽が非常に力を持っていて、イージーリスニング的な音楽よりも、よりメッセージ色が強く、政治色が強い音楽が生まれました。
ファッションも色とりどりの百花繚乱的な服装が流行り、生き方もコミューンを作り自給自足の生活をするヒッピーが多く現れました。
その背景には、混沌とするベトナム戦争の影響が色濃く漂っていたのです。

そんな中で行われたのがヒッピー文化の集大成「ウッドストック」でした。

主なハイライト
・リッチー・ヘブンス 生ギター一本で歌いまくる姿は、凄まじいインパクトがある
・サンタナ 当時まだ10代のドラマー(マイケル・シュリーブ)の演奏が凄すぎる
・スライ & ザ・ファミリー・ストーン Higherの掛け声とフリンジの服がインパクト大
・ザ・フー 白いフリンジのロジャーとつなぎのピートがとにかくかっこ良い
・ジョー・コッカー あの独特のダミ声が会場に響き渡る
・テン・イヤーズ・アフター アルビン・リーの速弾きと最後のスイカがGood
・ジミ・ヘンドリックス アメリカ国家が心に鋭く突き刺さる
・カントリー・ジョー 生ギター一本で会場が総立ち、これぞ音楽のパワー

この模様は、マーチン・スコセッシが編集してアカデミー賞を受賞した「ウッドストック/愛と平和と音楽の3日間」として映画化されました。
この祭典で一つの時代が終わり、音楽も文化も新しい時代へと変わっていきました。

Woodstock
(ウッドストック)

期間

1969年8月15日~8月17日
※大雨などで遅れ18日午前中まで伸びた

場所

アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン郡べセル ヤスガー氏の農園

主な出演者

・サンタナ 
・マウンテン 
・CCR 
・ジャニス ジョプリン 
・ザ・フー 
・ジェファーソン・エアプレイン 
・ザ・バンド 
・BS&T 
・ジョニー・ウインター 
・CSN&Y 
・ジミヘンドリックス

artist-img
artist-img