STYX

1970年代のアメリカン・プログレ・ハードを代表するロックバンドです。

1963年にジョンとチャック・パノッゾ兄弟らが近所の遊び仲間と結成したトレイドウィンズというバンドが全身となり、71年にギリシャ神話の「三途の川」という意味の「Styx」に改名して、翌72年にアルバム「Styx」でレコードデビューを果たしました。

このファースト・アルバム「Styx」は、シングル・ヒットと呼べるのは米82位の「Best Things」のみだったものの、13分以上ある組曲を収録するなど、英プログレッシヴ・ロック勢の影響を感じさせる彼らの音楽は一部で高い評価を受けました。

彼らの転機となったのは74年。セカンド・アルバムに入っていた「憧れのレディ」をシングルで再リリースしたことで、それがじりじりと3ヶ月かけてチャートを上昇。翌年になって全米6位に達する大ヒットとなりました。

それをキッカケに同年A&Mへ移籍し文字どおりスティクスの「分岐点」となるアルバム「分岐点」をリリース。
その後、「クリスタル・ボール」(76年)、「グランド・イリュージョン」(77年)、「ピーシズ・オブ・エイト」(78年)、「コーナーストーン」(79年)、「パラダイス・シアター」(80年)と次々にアルバムを発表し、アメリカン・ロックの頂点まで上り詰める事となります。

ところが、ソフト・ポップ・ソングばかりを作るデニスと、もっとスケールの大きなロック・アルバムを作りたいとするトミーの間で意見が対立。各々がソロ活動に移行していき86年にはスティクスとしての活動は休止してしまうこととなります。

95年には全盛期のメンバーでの再結成が実現するものの、メンバーの降板や死去、確執の再燃など、紆余曲折を経ながら現在はライブを中心とした活動を行っています。

Styx
(スティクス)

現メンバー

ローレンス・ガーワン Lawrence Gowan - ボーカル/キーボード
ジェイムズ・ヤング James "J.Y." Young - ギター
トミー・ショウ Tommy Shaw - ギター/ボーカル
チャック・パノッツォ Chuck Panozzo - ベース
リッキー・フィリップス Ricky Phillips - ベース/ギター
トッド・ズッカーマン Todd Sucherman - ドラムス

代表曲

Boat On The River,
Best Of Time,
Mr Robot,
Rock’n The Paradice,
Babe

代表アルバム

Paradice Theater,
Grand Illusion,
Crystal Ball

artist-img
artist-img