RATT

1978年にスティーヴン・パーシー (Vo)、ジェイク・E・リー (Gt)、とロビン・クロスビー (Gt)を中心にサンディエゴでミッキー・ラットを結成。その後ロサンゼルスへ移り、ラットと改名しました。

当時18歳であったウォーレン・ デ・マルティーニの加入などメンバーチェンジを経て1983年にミニ・アルバム 『Ratt(ラット)』 でデビュー。
1984年にアトランティックレコードと契約し、メジャーデビューアルバム 『情欲の炎 (Out of the Cellar)』 をリリース。
デビューアルバムがいきなり全米第7位にランクインし、世界にその名を知らしめました。

その音楽性は1980年代に隆盛したLAメタルの代表的存在で、モトリー・クルーと双璧をなす人気を誇り、全米で1600万枚、全世界で3000万枚以上のアルバム総セールスを記録し80年代のトップ地位での人気を博しました。

その後も 『インヴェインジョン・オブ・ユア・プライバシー (Invansion of Your Privacy) 』 、 『ダンシング・アンダー・カヴァー (Dancing Undercover) 』 、『リーチ・フォー・ザ・スカイ (Reach For The Sky) 』 、『ディトネイター (Detonator) 』 をリリース。 5枚のアルバムは全米で1600万枚、全世界で3000万枚以上のアルバム総セールスを記録し、彼らの快進撃は続きました。

1991年にロビン・クロスビーが来日公演を最後に脱退。1991年2月の来日公演後、ロビン・クロスビーのリハビリに伴い、マイケル・シェンカー(G)がグループをサポートすることになりました。

バンドはベストアルバム 『ラットン・ロール8191 (RATT‘N’ROLL 8191)』 を発表後1992年に解散。
解散後、1997年に再結成し、99年にアルバムをリリースしますが、オリジナルボーカリストであるパーシーが脱退。
2007年にバンドを7年間離れていた オリジナルメンバーでヴォーカリストのスティーヴン・パーシーがバンドに復帰します。

現在はスティーヴン・パーシー、ウォーレン・ デ・マルティーニ、ボビー・ブロッツァー、カルロス・カヴァーゾ (ex. QUITERIOT)、ロビー・クレインという ラインナップで活動中。
2016年、ブロッツァーは「Bobby Blotzer‘s Ratt Experience」名義に変更して活動を継続しています。

RATT
(ラット)

活動期間

1984年 - 現在

現メンバー

スティーヴン・パーシー Stephen Pearcy - ボーカル (1976-2000, 2006- )
ウォーレン・デ・マルティーニ Warren DeMartini - ギター (1981- )
フォアン・クルーシェ Juan Croucier - ベース (1982-1992, 2012- )
カルロス・カヴァーゾ Carlos Cavazo - ギター (2008- )
ジミー・デグラッソ Jimmy DeGrasso - ドラムス(サポート) (2017- )

Bobby Blotzer's Ratt Experienceの現メンバー

ボビー・ブロッツァー Bobby Blotzer - ドラムス (1982- )
ショーン・ニコルス Seann Nicols - ボーカル (2017- )
ミッチ・ペリー Mitch Perry - ギター (2016- )
ステーシー・ブレーズ Stacey Blades - ギター (2016- )
ブラッド・ラング Brad Lang - ベース (2016- )

artist-img
artist-img