POISON

全世界的に成功を収め、現在2500万枚のCDセールスを記録しているバンド。1983年夏にペンシルベニア州ハリスバーグでリッキー・ロケットとブレット・マイケルズにより結成されました。

POISONと名乗る前はPARISというバンド名でした。当初のメンバーはブレット・マイケルズ、ボビー・ダル、リッキー・ロケット、マット・スミスです。

1984年3月にバンドはロサンゼルスに移動し、LAのサンセットストリップクラブのバンドとして積極的に活動を開始します。バンド名がポイズンとなったのもLA移動後です。

1985年3月23日ギタリスト C・C・デヴィル加入。そしてエニグマ・レコードと契約します。

1986年5月16日にデビューアルバム『ルック・ホワット・ザ・キャット・ドラグド・イン』を発表。(配給はキャピトルレコード)全米チャートで3位の成功を収めました。

1988年にバンドはセカンドアルバム『オープンアップ・アンド・セイ・アー』を発表。シングル「エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン」が全米NO.1を獲得しています。このアルバムは全世界で800万枚を売り上げる大成功となりました。
この時期、バンドはデイヴィッド・リー・ロスの前座としてツアーを行っています。

1990年、バンドは3枚目のアルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」を発表。全米チャート2位の大ヒットとなりました。
またバンドはこの年のドニントン・モンスターズ・オブ・ロックにも出演。続いてウォレントとのジョイント・ツアーを行いました。

1991年11月、初のライヴアルバム『スワロゥ・ディス・ライヴ』を発表。C・C・デヴィルはバンドを脱退。後任ギタリストにはリッチー・コッツェンが迎えられました。

1993年、バンドは4枚目のスタジオアルバム『ネイティヴ・タン』を発表。アルバムセールスは全世界で100万枚。コッツェンもまたバンドを脱退しました。

1999年C・C・デヴィルがギタリストとしてバンドに復帰。その後行われたアメリカツアーは大成功しました。

2000年、5枚目のスタジオアルバムとなる『クラック・ア・スマイル』がリリースされました。さらに2002年には6枚目のスタジオアルバム『ホリーワイアード』を発表。

2018年、 “Poison…Nothin’ But A Good Time 2018”tourとしてCHEAP TRICKと全米ツアーを行います。

Poison
(ポイズン)

メンバー

ブレット・マイケルズ(Vo)
C・C・デヴィル(G)
ボビー・ダル(B)
リッキー・ロケット(Dr)

artist-img
artist-img