JOURNEY

ジャーニーは1980年前半を代表するロックバンドです。

17歳でサンタナバンドでデビューを果たした天才ギタリスト「ニール・ショーン」を中心に1973年にサンフランシスコで結成されました。

1975年のデビューアルバムから3枚目までは、その後のポップス路線とは、まったく違うインスト主体のプログレッシブロックを展開していました。
ここまで劇的にサウンドの方向性が変わるバンドもいない位、同じバンドとは思えないサウンドでした。

その大きな起点となったのは、ボーカル「スティーブ・ペリー」の加入です。
当時のマネージャーや時代の流れと商業的成功の為に音作りを大きく変え、これが功を奏して大ヒット連続のスーパーグループの仲間入りを果たしました。

1981年に発売された「エスケイプ」は全米1位を獲得。
1983年の「フロンティアーズ」も全米9週連続2位の大ヒットとなりました。
この時の1位は、マイケル・ジャクソンの「スリラー」でした。

1986年以降バンドは休止していましたが、1996年10年ぶりに復活するも、このアルバムを最後にスティーブ・ペリーは脱退する事になるました。

その後、低迷するも2007年にアーネル・ピネダがボーカルとして参加することで、また精力的に活動するようになります。
アーネル・ピネダは、フィリピンの路上生活者で極貧の生活をしていましたが、ニール・ショーンが偶然、YOU TUBEの映像で彼の歌声を聞き、その声質と歌唱力に魅せられ、連絡を取りジャーニーに参加したというまさにシンデレラストーリーを地で行っています。

初来日は1979年で、その後も数多く来日しています。

Journey
(ジャーニー)

現メンバー

ニール・ショーン(Neal Schon)ギター、ボーカル
アーネル・ピネダ(Arnel Pineda)ボーカル
ロス・ヴァロリー(Ross Valory)ベース
ジョナサン・ケイン(Jonathan Cain)キーボード
ステーブ・スミス(Steve Smith)ドラマー

代表曲

Any Way You Want It、
Don’t Stop Believin’、
Open Arms、
Separate Ways

代表アルバム

Escape、
Frontiers、
Raised On Radio

artist-img
artist-img