John Lennon

音楽史上、最も偉大で有名なバンド、ザ・ビートルズを立ち上げたリーダーであり、ポール・マッカートニーと「レノン=マッカートニー」としてソングライティングチームを組み数々の名曲を生み出したレジェンド的ミュージシャンです。

妻は、オノ・ヨーコ。ジュリアン・レノンとショーン・レノンの2人の息子がいます。
1970年ビートルズ解散後は、ソロアーティストとしてまた、オノ・ヨーコとともに平和運動家としても活動しました。

彼の楽曲は、人間の内面を赤裸々に表現して、聞くものに人間とは、平和とは、世界とは、宗教とは、人種とはという事を深く考えさせる力を持っています。
歌詞は、とことんストレートで魂に突き刺さる。それを美しいメロディーが包み更に心に深く入ってくる楽曲になっています。

1970年発売のアルバム「ジョンの魂」のオープニング曲「Mother」という曲では、親に里子に出されたジョンは、「お母さん、僕はあなたのものだったけど、あなたは僕のものではなかった。僕はあなたが必要だったけど、あなたは僕を必要ではなかった。お母さん、さようなら~、お母さんいかないで、お父さん帰ってきて」(歌詞抜粋)と自分の幼少期の想いを赤裸々に歌っています。

また、同じアルバムの「God」 という曲では、「キリストを信じない、ケネディーを信じない、ブッタを信じない、ボブ・ディランを信じない、ビートルズを信じない、僕は自分だけを信じる、僕とヨーコだけを」(歌詞抜粋)とあまりにストレートな歌詞で綴り、それを何回も続くリフレインで声を振り絞って歌っています。

次のアルバム「イマジン」でも、「想像してごらん、天国なんてないんだ、想像してごらん、国なんてないんだ、想像してごらん、みんながただ平和に生きているんだって」(歌詞抜粋) と、更に国や人種や世界にまで、その想いは広がっています。

1975年にショーンが誕生したのをきっかけに育児に専念するため音楽活動を休止しました。

1980年に5年ぶりに表舞台に復活したジョンはヨーコとの共作で「ダブルファンタジー」を発売。 ジャケットは日本人カメラマンの篠山紀信が撮影しました。
内容も素晴らしい仕上がりで多くのファンが、ジョンの復活を心から喜びました。

しかし、喜びも束の間、発売の翌月12月8日に、住まいであるニューヨークのダコタ・ハウスで凶弾に倒れこの世を去りました。

今でも、国際紛争や人種問題が起きると、デモはジョンの歌を口ずさんで行進する事が多いのですが、その度にジョンの曲は、放送禁止となっています。

John Lennon
(ジョン・レノン)

本名

ジョン・ウィンストン・オノ・レノン
(John Winston Ono Lennon)

生年月日

1940年10月9日

出身地

イギリス リヴァプール

身長

179cm

代表曲

Imagine、
Woman、
Happy X’mas、
Mind Game、
Stand By Me、
#9Dream、
Whatever Gets You Thru The Night

代表アルバム

John Lennon / Plastiv Ono Band、
Imagine、
Walls&Bridges

artist-img
artist-img