DOKKEN

1976年、フランス資本のレーベルから、アルバム『ブレーキング・ザ・チェインズ』でデビュー。1983年にエレクトラ・レコードと契約しました。

デビュー・アルバムである『BREAKIN' THE CHAINS』を『BREAKING THE CHAINS』に変更しての再発を経て、1984年に出世作となった2ndアルバム『TOOTH AND NAIL』を発表。
その後、1985年に『UNDER LOCK AND KEY』、1987年に『BACK FOR THE ATTACK』を発表。発売2週間でダブルプラチナを獲得しました(全米チャート13位)。

バンドのリーダーであるドン・ドッケンの透明感のあるヴォーカルと、当時のLAメタルシーンの中でも、正統的かつテクニカルなプレイでギター・ヒーローとなったジョージ・リンチの2枚看板を擁し日本でも大人気を博しましたが、88年の後半には解散に至りました。

1994年に黄金期のメンバーで再結成を果たしましたが、再び決裂。しかしその後もメンバー交代等を経て断続的にアルバムを発表してきました。

2009年10月の「LOUD PARK 09」に出演したドッケンのステージに、同じくリンチ・モブで出演していたジョージリンチが1曲だけ参加。
再び黄金期のメンバーが揃ったステージは大きな話題となり、これを機に黄金期の4人(ドン・ドッケン<Vo>、ジョージ・リンチ<g>、ジェフ・ピルソン<b>、ミック・ブラウン<Dr>)で再結成を果たした。

2016年10月、ドン、ジョージ、ジェフ、ミックで来日公演を東京、大阪、広島、名古屋、福岡で17年ぶりに行いました。
その後も幾度かのメンバー交代があり現在はドン・ドッケン(ヴォーカル)、ジョン・レヴィン (ギター)クリス・マッカーヴィル (ベース)ワイルド・ミック・ブラウン (ドラムス)のラインナップでワールドツアーを行っています。

Dokken
(ドッケン)

出身地

アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス

活動期間

1977年~1988年
1993年~

全盛期のメンバー

ドン・ドッケン (ヴォーカル)
ジョージ・リンチ (ギター)
ジェフ・ピルソン (ベース)
ワイルド・ミック・ブラウン (ドラムス)

現在のメンバー

ドン・ドッケン(ヴォーカル)
ジョン・レヴィン (ギター)
クリス・マッカーヴィル (ベース)
ワイルド・ミック・ブラウン (ドラムス)

artist-img
artist-img